img/yoko_org3.png    img/logo.gif

   【出力系】 オーディオスポット(音のスポットライト)

ある領域のみに音を伝えるような音のスポットライト技術をオーディオスポットと呼んでいます.特に鋭い放射特性を持つ超音波スピーカ(学術的にはパラメトリックスピーカ)を用いることで,直線的な音のスポットライトを実現することができます.現在,放射面の形状や放射信号を工夫することで,スピーカ近傍でのみ音を再生する技術や,スポット範囲を広げたり狭めたりする技術について研究を行っています.この技術は博物館や駅のホームなど,複数の人々にそれぞれ独立した情報を提示する際に有効利用が期待できます.

img/topic01_01.jpg

   【出力系】 音像プラネタリウム(音のプロジェクションマッピング)

オーディオスポット技術をさらに発展させたのが,音像プラネタリウムです.反射型のオーディオスポットを壁面全体に構築することで,室内すべての壁をスピーカとして有効利用することができます.その結果,プラネタリウムのように室内のあらゆる場所に音像を構築できるため,「音像プラネタリウム」と名付けました.技術としては映像を用いたプロジェクションマッピングの音バージョンと考えてもらえるとわかりやすいかもしれません.現在,音響ドーム実験室を建設して,ドーム型音像プラネタリウム環境を構築して研究を推進しており,将来的には映画館やテーマパーク等の音響設備としての実用化を目指しています.

img/topic01_02.jpg

   【出力系】 フレキシブルオーディオスポット 【関連動画

オーディオスポットの放射面を自動制御することで,音の放射範囲を可変にする技術がフレキシブルオーディオスポットです.従来のスピーカは音量を変えることはできましたが,音の届く範囲を変えることは不可能でした.このフレキシブルオーディオスポットは,ユーザの人数や位置に応じて音の届く範囲を変えることができるため,空間を音で分割して有効活用することも可能となります.この技術を空間シェアリングと名づけて研究を推進しています.

img/topic01_03.jpg

   【出力系】 極小領域オーディオスポット 【関連動画

空間のある1点でのみ音を再生する技術が極小領域オーディオスポットです.オーディオスポットが直線状に音を伝播させる技術であるのに対し,極小領域オーディオスポットは2cm四方の音空間の1点でのみ音を再生可能な革新的技術です.複数の超音波スピーカを用いて,各々の放射音が交わる1点でのみ音を再現させることに成功しました.現在はスポット範囲の拡大/縮小などの制御やユーザの追従などさらに活動の幅を広げて研究を推進しています.

img/topic01_04.jpg

   【出力系】 音像ホログラム

空間のある1点から音が聞こえているかのように知覚させる技術が音像ホログラムです.映像のホログラムの音バージョンと考えていただくとわかりやすいかもしれません.技術としては極小領域オーディオスポットと同じく複数の超音波を用いて音像を構築しますが,多数の体験者が音像を知覚するためには放射範囲の制御が必要不可欠となります.そこで最近はフレキシブルオーディオスポット技術も活用することで,複数の体験者が複数の音像を知覚可能な空間を目指して研究を推進しています.

img/topic01_05.jpg

   【出力系】 22.2chサラウンド音場制御

現在のサラウンド放送の標準規格は5.1 chとなっていますが,次世代サラウンドとして規格化が進められている22.2 chサラウンドに注目し,音の高臨場再生を目指して研究をはじめたところです.22.2 chサラウンドは24本のスピーカを活用しますが,22本は主に低音から高音を再生し,2本は重低音のみを再生することで音に包まれたかのような超臨場音空間を構築することができます.本物のコンサート環境を超える臨場感を目指して,特に音質と音像の超解像化を実現し,最高品質の音空間を目指して研究を推進しています.

img/topic01_06.jpg


更新日 平成 29年 5月 8日
Back